家賃分お得に

入居にかかる初期費用は家賃の半年分にものぼる

アパートやマンションなどの賃貸住宅に住もうとする場合、けっこうな負担となるのが入居時の初期費用です。実際にいくらかかるかは個々の物件によって異なりますが、平均してだいたい家賃の5〜6か月分が相場だと言われています。具体的には敷金が家賃の2か月分、礼金が1か月ないし2か月分、最初の月の家賃が1か月分、仲介手数料が1か月分というのが標準的なところです。 これらに加えて、引っ越し業者に支払うお金や火災保険料、家具や家電製品を買い整えるためのお金も必要です。こうした費用が引越し前後に次々と必要になるのだから大変です。もしいくらかでも負担が軽くなるのであれば非常に助かります。 実はそんな願いに応えてくれる、お得な物件があるのです。それが、仲介手数料無料物件です。

なぜ仲介手数料無料になるのか

仲介手数料無料物件とは、その名の通り不動産業者に仲介手数料を支払わなくてもよい賃貸物件のことです。つまり平均的な相場でいえば、家賃の1か月分相当額が節約できることになります。 といってもこうした物件は、別に不動産業者が仲介手数料無料で紹介しているわけではありません。ではなぜ無料なのかといえば、家主が仲介手数料を支払っているからです。 仲介手数料の額についてはもともと国の法律で決められているのですが、それを誰がどれくらい負担するかについては家主と入居者双方の合意があれば自由に決めてよいとされています。ところがわが国は歴史的に見て不動産を所有している側の立場が強かったため、これまでは入居者が全額負担してきたのです。 しかし現在は入居者を積極的に呼び込むため、家主側がさまざまな特典を設けるようになってきています。仲介手数料無料物件もそうした経営努力のあらわれなのです。